広島県で1月に開かれた第22回全国都道府県対抗男子駅伝で優勝した県選手団が20日、県庁に阿部守一知事を訪ね、結果を報告した。県選手団の優勝は3年ぶり7度目。高見沢勝監督(佐久長聖高校教諭)は「県民の...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)