札幌冬季アジア大会第2日(20日)は、スピードスケートの男子5000メートルで、一戸誠太郎(信州大・山形中央高出)が6分31秒84で3位となり、銅メダルを手にした。2014年ソチ五輪出場のウィリアム...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)