来年の平昌(ピョンチャン)冬季五輪のテスト大会を兼ねたフィギュアスケート四大陸選手権で、兵庫県芦屋高校2年の三原舞依選手(17)が優勝したことを受け、同校でも喜びの声が広がっている。3月上旬には、代...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)