車いすバスケットボールの日本女子代表で最年少の柳本あまね(18)=京都聖母学院高3年=が2020年の東京パラリンピック出場へ意欲を燃やしている。スピードと外角のシュートに優れ、今月上旬に行われた4カ...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)