2016年の心肺停止2人を教訓に人員3倍  2016年の高知龍馬マラソンでは2人のランナーが心肺停止に陥った。近くを走る人たちの処置で命をとりとめたが、現場は混乱を極めた。救護体制はどのように見直さ...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)