ながの銀嶺国体最終日は17日、白馬クロスカントリー競技場ほかで距離とアルペンを行い、男女総合成績(天皇杯)は北海道が148点の2位で、2連覇を逃した。優勝は150点の秋田で10年ぶり。女子総合成績(...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)