新加入の左腕・エスコバーが、名護で初めてフリー打撃に登板した。  栗山監督はじめ、首脳陣が熱視線を送る中、松本を相手に25球を投げ、安打性の当たりは5本。打者の手元で少し動くフォーシーム、シンカー...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)