プロ4年目となる今季の目標は自身の成績を大きく上回る30本塁打。昨年、自己最多の14本塁打を放った西武の山川穂高(25)=中部商高-富士大出=は、レギュラー獲得へ、具体的な数字を掲げる。球界屈指の強...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)