サッカーJ2の松本山雅は15日、3次キャンプ地の鹿児島市で、サイドからの崩しやクロスからゴールを狙う練習などを行った。  実戦形式の練習は、縦の長さが約3分の2のピッチを使い、フィールド選手が10対...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)