東北楽天が今季重視する機動力を駆使した野球のスタイルが見え始めている。昨季のチーム盗塁数56はリーグ最下位。走塁の強化は昨秋のキャンプから取り組んできたテーマで、梨田昌孝監督は今季の盗塁数の目標を倍...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)