男女を通じて歴代最多の通算53勝に一歩届かなかった高梨。「やってしまった」と痛恨の瞬間を振り返った。  1回目のジャンプで首位に立ったときは、中継カメラに手を振って笑顔を見せる余裕があった。だが、...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)