関谷が激しい先発枠争いを一歩リードした。ラミゴ戦に先発登板し、3回を無失点。許した安打はわずか2本と前日10得点を奪った強力打線に的を絞らせなかった。2年目の右腕は「とにかくゼロに抑えることを心掛け...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)