岸孝之が沖縄本島に練習拠点を移しても順調にマイペース調整を続けている。ブルペンで捕手をホームベースの前に座らせて約40球を投げ、入念に投球フォームを確認した。  捕手の位置を変えて投げる練習は、西...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)