二〇二〇年東京五輪・パラリンピックの開催費用を巡り、東京都が「都外の仮設施設に都が支出するのは法的に難しい」と主張してきた根拠が揺らいでいる。政府が「法的に問題ない」との見解を示したためだ。都外の仮...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)