J1相手に厳しい現実を突き付けられた。千葉は約2倍の21本のシュートを浴び完封負け。攻撃では得点の気配を感じさせる見せ場もゼロに等しく、意気消沈した。  3バックの最終ラインを極端に前へ押し上げ、...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)