「7番・遊撃」で出場した平沢がバットでアピールした。五回にソロ本塁打を放つと、八回にも三塁打。鈴木の二塁コンバートにより空いた正遊撃手の座を狙う2年目は「やることはやれた」とうなずいた。  先頭打...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)