WBC日本代表の則本と松井裕が、紅白戦に登板し、WBC公認球を使って初めて打者と対戦した。日本の球に比べると滑りやすく、乾燥しやすい球の対応に、収穫と課題をつかんだマウンドとなった。  2人とも先発...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)