高卒2年目の村林が紅白両チームで唯一の適時打を放ち、首脳陣にアピールした。  紅組の9番遊撃で先発出場。0-1の四回、2死一、三塁から左腕大塚の直球を捉え、左翼フェンス直撃の逆転2点二塁打とした。「...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)