【沖縄県浦添市で運動部・斎藤孟】プロ野球ヤクルトの畠山和洋(専大北上高)が万全ではない体と向き合いながら調整を続けている。けがで45試合の出場にとどまった昨年は、初めて引退について考えたという。再起...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)