同門対決となった県女子選手権決勝は、先輩の池本が貫禄の試合運びで大会2連覇。合わせ技で一本勝ちし「気負わず普段通りの柔道ができたおかげ」と喜びをかみしめた。  決勝の相手となった三木は、練習中もよ...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)