時折雪がふぶくピッチで、クロスを丁寧に供給し続けた。昨季、磐田のJ1残留に大きく貢献した山本は、これまでとは違う新たなサイドバック像を思い描く。「攻撃の第一歩になりたい」。守備や運動量だけでなく、試...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)