シート打撃に登板した左腕の森雄大が「2ボールから落ち着いて勝負できた」と課題の制球に手応えをにじませた。  打者6人に許したのは1安打。嶋基宏や銀次といった主力選手は直球を詰まらせ、内野ゴロに打ち...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)