体操ニッポンのエースとして、五輪三大会で日本選手最多の金メダル八個を首にかけた白鴎大教授の加藤沢男さん(70)。三月末に定年退職を控え、小山市の同大で七日に行った公開最終講義で、子どもたちが体を動か...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)