春夏の甲子園に8回ずつ計16回の出場を誇る柳川高(柳川市)野球部に、初の外国人留学生の主将が誕生した。台湾出身の黄誉謙(コウユウチェン)選手(18)=国際科2年。チームの4番で、守りの要の捕手を務め...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)