堂々と力強くストレートを投げ込んだ。大嶺祐太投手が石垣島キャンプのブルペンで存在感を見せている。プロ11年目。背番号は「1」から「11」。そして「30」へと2回目の変更を行った。心機一転して挑む新た...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)