スピードスケートのジャパンカップ最終戦最終日は5日、盛岡市の県営スケート場で男女6種目を行い、県勢は1回で争う女子500メートルの曽我こなみ(ホテル東日本)が41秒04で優勝した。今季のジャパンカッ...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)