「箱根」に名を刻んだランナーが、地元代表として錦を飾る。新春の東京箱根間往復大学駅伝(箱根駅伝)に初出場した姫路市の堀尾謙介(中大)と、西宮市の藤井亮矢(武蔵野学院大)。所属する大学は出場を逃したが...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)