1プレーごとに指揮官が細かく指示を与えた。清水の戦術練習は、3失点して敗れた1日の京都との練習試合で課題となった守りから攻めへの切り替えに時間を費やした。小林監督は「相手からボールを奪った後にいい攻...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)