大相撲の新横綱稀勢の里関を地元で応援する「稀勢の里郷土後援会」への入会申し込みが急増している。1月の初場所以降、後援会事務局がある牛久市役所には連日、10人を超える市民らが窓口に訪れ、千秋楽翌日の同...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)