ドラフト1位の藤平尚真投手(神奈川・横浜高)が初めてブルペンに入り、伸びのある球を投げた。  野手陣はフリー打撃などを行った。育成選手から1人だけ1軍キャンプ入りした島井寛仁外野手は、自慢の足を生か...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)