2連敗した京都戦の2試合目は、1試合目以上に勝てる試合だった。競って迎えた終盤の三つの攻防が勝敗を分けた。  まず、第4クオーター残り約2分半の守り。簡単にオフェンスリバウンドを奪われてからシュート...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)