厳冬のオホーツク海を望むJR北海道の新たな季節列車「流氷物語号」が1月28日、釧網線の知床斜里駅(オホーツク管内斜里町)―網走駅間で運行を始めた。流氷はまだ接岸していなかったが、観光客らが車窓からの...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)