春節の休暇に合わせて、北海道観光振興機構と道が、札幌市中央区の道庁赤れんが庁舎前庭に外国人観光客向けの「足湯バー」を開設している。入浴剤を使った登別温泉や十勝川温泉の湯が楽しめ、冷えた体が暖まると好...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)