軽快にピッチを刻む玄海町体協のエース小野茂行は、一度も後ろを振り返らなかったが、追ってくる影を感じていた。厳木小学校を過ぎ、残りは数百メートルの直線。力強い足音が真後ろに迫る中、全力でラストスパート...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)