東北楽天は31日、小関翔太捕手が左足甲の左舟状骨疲労骨折・骨嚢腫(のうしゅ)のため、同日に東京都内で手術を受け、復帰に約6カ月かかると発表した。昨年9月の練習中に痛みを訴え、その後の経過が良くなかっ...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)