今年で70回の節目を迎える東西松浦駅伝。2月5日の記念大会を前に、たすきをつないできたランナー(走人)たちの熱走の歴史を振り返る。(敬称略)  終戦から2年が過ぎても、地域には敗戦による疲弊と虚脱...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)