ふと耳に入ってきた曲があった。その唄はスッと大学時代の佐々木千隼投手の耳に入ってきた。自宅で大の字になり寝ころび、天井を見上げていた時だった。「どんな時も 信じることをやめないで きっと チャンスは...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)