球春を前に、福井県越前市池ノ上町のゼットクリエイト武生工場で、プロ野球選手用バットの生産がピークを迎えている。選手の細かい注文に応え、職人が0・1ミリ単位の精度で削り作業に当たっている。  同工場...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)