磐田の新たな攻撃の形が、少しずつ形になってきた。鹿屋体大との練習試合(30分4本)の2本目だった。DF大井の縦パスをMF中村俊が1タッチで前方へ出し、相手の背後を突いたFW川又が決定機をつくった。中...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)