思うようなレースができず、苦しみ続けてきた日々を振り払った。29日、大阪市を舞台に行われた大阪国際女子マラソンで、5年ぶり2度目の頂点に立った重友梨佐選手(29)=天満屋。栄光も挫折も味わったベテラ...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)