九州電力は近鉄に7トライを献上し、4季ぶりのTL復帰を逃した。外国人選手が不在のチームは、劣勢が予想されたスクラムやラインアウトで苦戦。前半13分に先制トライを奪われると防戦一方の展開になり、攻めて...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)