4年ぶりの吉報が届き、盛岡大付の関口清治監督は「一つ一つ壁を乗り越えたい。夏へ向けたステップにしたい」と春がゴールではないことを強調した。  今夏は本県高校野球史上初の3季連続の甲子園出場が懸かる...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)