「一足早く、春が来ました」。鳥居春仁校長から吉報が伝えられると、静岡ナインの表情が和らいだ。「憧れの舞台が目の前にある。不思議な気持ち」。小柳主将は静かに喜びをかみしめた。  2年前、秋季地区、県、...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)