兵庫県内歴代最多の甲子園20勝を誇る名監督が、ノックバットを置く。27日、今春の選抜大会限りでの退任を明らかにした報徳高の永田裕治監督(53)。1994年の就任以来、23年間で計18回の甲子園大会に...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)