県勢3年ぶりの「春」はダブル出場とはいかなかった。27日、作新学院高に5年ぶりの春の便りが届き、10度目の選抜甲子園出場が決定した。  昨夏の全国優勝も記憶に新しく、「あの興奮と感動をもう一度」と...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)