背番号10を任されたことからも、チームを引っ張ってほしいというクラブの期待がうかがえる。「重みのある番号。でも、それぐらいやらないといけないと自分に重圧をかけてやってきた」。...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)