東京都の小池百合子知事は25日、就任後初の編成となる2017年度当初予算案を発表した。待機児童対策費に前年度の1・4倍を計上するなど看板政策に手厚く配分。事業見直しで経費削減も進め、小池カラーを前面に...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)