日本相撲協会は25日、大相撲春場所(3月12日初日・エディオンアリーナ大阪)の番付編成会議を開き、近大出身の22歳、石橋改め朝乃山が新十両となった。同部屋の関取は明治時代初期の1878年以降で初の...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)