北海道大がアジアの新興国に参加を呼び掛けていた超小型人工衛星の共同事業「アジア・マイクロサテライト・コンソーシアム」(AMC)が、日本を含む9カ国19機関の枠組みでスタートした。超小型人工衛星の開発...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)