新横綱らしく、初々しく、そして堂々とした口上だった。大相撲の七十二人目の横綱に昇進した稀勢の里(30)は二十五日、東京都内のホテルで昇進の伝達を神妙な面持ちで受け、「横綱の名に恥じぬよう、精進いたし...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)